words and photographs
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
BRUTUS 2007/10/15
BRUTUS (ブルータス) 2007年 10/15号 [雑誌] "BRUTUS (ブルータス) 2007年 10/15号 [雑誌]"
2007-10-01 マガジンハウス



特集「言葉の力」。

ジョン・レノンをはじめ、
様々な分野の著名人が残した言葉について書かれています。
メールやインターネットが
主流のコミュニケーション方法になってきている時代において、
今、あらためて"言葉"というものを見つめ直す。
素敵な企画だと思い購入しました。

ちょうど、10月11日から放送が始まった金八先生の新シリーズの中でも
同じような事が言われていて、素晴らしい詩が紹介されました。

茨木のり子さん
「ぎらりと光るダイヤのような日」

という詩です。

---------------------------------
世界に別れを告げる日に
ひとは一生をふりかえって
じぶんが本当に生きた日が
あまりにすくなかったことに驚くだろう
(一部抜粋)
---------------------------------
(興味のある方は、是非題名で検索をして全文を読んでみて下さい。)

自分が気になって雑誌を買ったのとタイミングを同じくして、
こんな良い詩に巡り会えたのは偶然ではないと思います。

そして、若かりし頃に
音楽を聴きながら歌詞に耳を傾け(英語の場合は訳詩を見て)、
自分が生きて行く事の意味を模索していたことを思い出しました。

"言葉"というものは、本当に凄い力を持っていると思います。
今一度、"言葉"というものについて考えてみよう。
そして、自分もそんな"言葉"を発してみよう。
Book comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








茨木のり子さんの詩、私も大好きです。
「わたしが一番きれいだったとき」
「自分の感受性くらい」
「倚りかからず」

背筋をピーンと伸ばしたくなります。
from. そふぃー | 2007/10/22 09:41 |
>そふぃーさん
おぉ、さすがはそふぃーさん!ご存知だとは。
自分は初めて知りましたよ。

「倚りかからず」、素晴らしいですね!

-----------------------
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ
-----------------------

茨木さんの言葉は、
真冬の朝の冷たい空気のような、
一瞬の閃光を浴びたような、
心に一つの細いけどしっかりとした芯が出来たような感じを受けます。

なんて、ちょっと詩的に表現してみたり(笑)
from. gagagah | 2007/10/22 23:12 |
人生の折り返し地点を過ぎた今、自分に光り輝くときはあったのかなぁ。この先にあるのか・・・。

日々の生活に、過ぎ行く時間のスピードがどんどん加速されていくのを感じながら、ただ流されている自分を見つめるいい詩ですね。

言葉の力か、本当だ。
from. jutora | 2007/10/25 01:02 |
>jutoraさん
もちろん、これから先にも光り輝く時はあると思いますよー!
人間は歳を重ねれば、色々経験をします。
経験は若い人には絶対にないものです。
その経験を、制約として捉えて動けなくなってしまうのか、
その経験を源として新たな価値を生み出していくのか。
必要なものは意欲だと思います。
それがあれば、何歳になっても光り輝くことはできるんじゃないかと。
まぁ、うちの親に一番言いたいんですけどね(笑)
from. gagagah | 2007/10/26 00:47 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://gagagah.jugem.jp/trackback/123
<< NEW | TOP | OLD>>