words and photographs
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
発売目前 RICOH Caplio GX100
RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT "RICOH Caplio GX100 VF KIT" 2007-04-20


もうすぐ発売のRICOH Caplio GX100
GR Digitalのズーム版といった感じで2台体制にしたら使いやすそう。実際にすでにこれを使っている写真家(好きな写真家の横木 安良夫さんと田中 希美男さん)やリコー展で触ってきた方々の感想を見ると、欲が高まるばかり。

なぜ、同じようなコンデジをもう1台欲しいかというと、一番の理由は今使っているGRDは故障や不良が多いことがしばしば話題になっていて、もし故障して修理に出してしまった時に他にカメラを持っていない自分は当分の間写真が撮れなくなってしまうのが不安だから。これだけ撮影をする今となっては、自分の生活にとって致命的・・・。なので、前々から同じように持ち運びが楽で性能が被らないカメラが欲しかった。(ちなみに今のところGRDは一度だけシャッターを押した瞬間にフリーズしてしまったことがある。電源を入れなおしたら直ったけど、かなり驚いた!)

GRDより広角な24〜72mm(35mm判換算)までの光学ズームが付いているのはもちろん、手ぶれ補正が付いたり、モードダイヤルにマイセッティングが2つ付いたりと使いやすさも向上。アスペクト比1:1のスクエア(真四角)写真が撮れたり、ローアングル時にチルトアップして上から覗いて撮影が出来る無骨な液晶ビューファインダーを採用するなど遊び心のある機能も満載。ファインダーを付けたままケースに入れられるのも痒いところに手が届く仕様。気に入らないのは、レンズバリアーがなくてレンズキャップをしないといけないことくらいかな?

建物は歪みのないGRD、人物はGX100の望遠側とか使い分けもできそうだ。色表現もちょっと違いそうだから、イメージによって合わせることもできるかな。発表会でGRDは"切れ味鋭いナイフ"でGX100は"多機能ナイフ"と例えられたのは、すごく的を得た表現だと思う。

ただ、ウェブで見る限り今のところ値段がお店によってかなりマチマチだから、もうちょっと様子をみるのが良さそう。延長補償を付けたいから元になる値段は大事(笑)月産が1万台と少なく、すでに予約を終了してるお店もあるみたいなので、タイミングを外したらしばらく手に入らなくなりそうな気がしてちょっと不安だけど。。。
Product comments(5) trackbacks(0)
RICOH Caplio R6を見てきた
R0012754
GR D

先日、近所の家電量販店に行くと、
23日に発売になったばかりのRICOH Caplio R6のカタログと実機が置いてありました。

今回のR6はR5に比べて薄型になったようだけど、
他の薄くなったデジカメや薄型携帯が持ち難くなったりするのと同じだろうと思ってた。
ところが、となりに並んでいたR5に比べても逆に格段に持ちやすくなってたのにビックリ。
残念ながら、電池が充電されていないらしく電源は入らなかったけど。。。

基本性能の光学7.1倍ズーム、720万画素は変わらず、
ズームレバーの位置変更や液晶モニターの大きさが大きくなったり、
ソフト式の顔認識機能が付くなど、細かな仕様変更がなされている。

買った人の感想を色んなところで読むと、
問題だった高ISO時のノイズも減っていてISO400まではまずまず使えるようになったみたい。
GRくらいになったって感じだと思う。
これで弱点だった室内撮影も少しはまともになったのかな?

とにかく、普通に使うのであれば十分過ぎる機能を持っているし、
値段的に考えても他社の同クラスの機種に勝っていそうだ。
親にあげたいかも。
個人的には、レンズ周りの色がシルバーからブラックになって
少し締まった感じになったところがカッコいいと思う。


そんな新製品発売の直後だというのに、
どうやら明日、少し前にディスコンになっていたCaplio GX8の後継機が発表されるらしい。
その名はCaplio GX100。
1000万画素で開放時F2.5のレンズになるのは確実みたいで、
噂だと広角24mmで光学3倍ズームという話。
きっと手ぶれ補正も付いて液晶も大きくなるだろうし、かなり注目。
性能が被らないGR Digitalと一緒に使うのに欲しい。
コンデジ2台なら持ち運びも今と変わらないだろうし。
一眼はその後だな〜。まだまだ勉強中の身ですから。

ところで、RICOHの話ばかりしてしまったけど、
メーカーが絶対にRICOHでなくてはならないと思っているわけじゃない。
GR Digitalを使って分かったことだけど、
このメーカーは使う人のことを考えたデザインと脚色のない素直な画を作るところに好感が持てる。
Product comments(10) trackbacks(0)
Apple、iPhone発表


以前からずっと噂になっていたiPhoneがとうとう発表された。

簡単にいうと、これは"携帯電話" "iPod" "ネットワーク端末"の機能を
1台で併せ持ったAppleの新製品だ。
そして、以前にアメリカで出ていたiTunes Phoneとは全く異なる。

操作は全てマルチタッチ認識の3.5インチスクリーンで行う。
ブラウザはMac標準のSafari、Google Mapsも動く。
Macに入ってるWidget(今度のWin Vistaに入るgadgetと同じ)も動くし、
当然、写真やムービーも見れる。
iPodの機能もCDジャケットの画像で音楽を選べたり、
新しいアプリになっているみたい。
2メガピクセルのカメラ付。
そして、なんと・・・OS Xで動いているらしい。。。
つまり、普通のパソコン同様にOSが入っているので
言ってみれば、電話ができて持ち運びできるコンパクトMacか・・・。

バッテリーは連続通話/動画/ブラウズ5時間、音楽再生16時間。
大きさは115×61×11.6mmで135グラム(8GB)。

価格はCingular二年契約で8GBが$599、4GBが$499。
Cingularはアメリカの最大手携帯電話キャリア(日本で言えばDocomoか?)。

そのほかWiFi、Bluetooth2.0搭載で他端末との連携もできる。

アメリカでの出荷は6月からで、ヨーロッパが今年の後半。アジアは2008年。
ただし、現状の通信形式が日本とは異なるので日本はもっと後かも。

個人的な感想も書ききれないけど、
見た目は予想以上にカッコいいし、コンパクト。
耳に近づけるとセンサが働いて自動的にタッチパネルが無効になったり、
縦と横を感知して画面を自動認識するとか、
輝度・バックライトも環境光センサでon/offするとか
細かいとこがAppleらしくできてていいと思う。
ほんとすごいぞ。iPod以来の画期的アイテムだ!
値段も高く感じるけど、iPod発売当時の値段を考えれば安いくらいかも。
それにしても、いつも思うけどジョブズは話すのがうまいなぁ(笑)
いい商品がより良く見えてしまう。

果たして、日本はどこのキャリアから出るのか!?

説明しきれないので、リンクを辿ってそれぞれの機能や外観を見て下さい。

写真で見るAppleの携帯電話「iPhone」-携帯電話編
写真で見るAppleの携帯電話「iPhone」-ipod機能編
写真で見るAppleの携帯電話「iPhone」-ネットワーク端末編
技術的側面から見るAppleの携帯電話「iPhone」
Appleの携帯電話「iPhone」、日本ではどのキャリア!?

本家アップルサイト(日本のサイトは発売されないので詳細ナシ)
スティーブ・ジョブズ氏 Macworld 2007基調講演映像

そして、偶然続いた3日連続の携帯電話についての話も今日で終わり!
になる予定。。。
Product comments(3) trackbacks(0)
| 1/1 |